ブログ

新人大家さんのための
不動産投資戦略マスター
大友哲哉です。

ファンが集まる物件作り_オーナーズ2015年01月号-2ファンが集まる物件作り_オーナーズ2015年01月号

昨日、私が執筆した記事を
シェアしましたが、
お読みいただけましたでしょうか?

メルマガ読者さんに無料進呈中!
登録はこちらです。
http://www.ooyajuku.com/mgfb
自動返信メールでダウンロードURLを案内しています。

オーナーズという、
リクシルリアリティ
(リクシルのグループ会社)の
月刊20000部発行の会報誌、
2015年1月号に寄稿した記事です。

増税は今後も続く

冒頭で、増税は今後も続く、
とお話しています。

まず消費税の増税は、
相続税の増税とセットなのです。

だれもが負担する消費税の増税は
庶民が反発します。

もっと金持ちから税金を取れ!

ってね。

そこで相続税の増税もします。

そうやって庶民の理解を得るのです。

また、所得税・住民税も
高所得者ほど

ますます重くなるでしょう。

同じように、固定資産税も、

不動産所有者=金持ち

とのことで、
ますます重くなるでしょう。

私の所有不動産は自宅だけだから関係ない?

いいえ。そんなことはありません。

たしかに、自宅だけなら、
固定資産税は高くはありません。

経済政策としての持ち家政策が
続く以上は、
自宅の固定資産税を
増税することはないでしょう。

ですが、相続するであろう
ご両親の家や土地は別です。

そうした余剰資産から
税金を徴収することが
これから進んで行くことでしょう。

資産を維持するには【攻め】が必要

家や土地といった余剰資産は
都心の一部の地域を除き
ただでさえ価値が下がります。

さらに相続税の支払いや
固定資産税税金や空き地の草刈りなど
維持管理の支出を考えると
実は、価値の下がっていく資産なのです。

例えて言うなら、

不動産=元金の減る定期預金

なのです。

これが普通の定期預金なら、
即・解約! ですよね。

もっとも実際は、
そう単純にはいきません。

ですが、少なくとも、
収入を生み出すために

【何か】をしなければ

資産を、失い続けるだけのことなのです。

その【何か】は、
ご両親がお住いのままでも、
できることがあります。

少なくとも、それぞれの不動産を
維持管理できるだけの
収入を作っておくだけで
5年後・10年後、まったく違います。

あなたも【今すぐできること】から
スタートしてみませんか?

詳しくはこちらのセミナーにて

不動産会社がゼッタイ教えない!
安全・カンタン・儲かる家の貸し方
http://www.ooyajuku.com/?p=4060

2月も開催します。

第49回|1/28(水)午後2:00-5:00(成増)
第50回|2/03(火)午後7:30-9:30(池袋)
第51回|2/14(土)午後7:30-9:30(成増)

受講者からは、

いままで何の価値もない!
そう思っていた家や土地から
収入を作れる!
そしてそれを増やしていける!

とスタートしている方たちがいます。

あなたは本当に何もないのでしょうか?
このセミナーに参加して、
ゼロからお金を生み出す方法を
学び、実践してみましょう!

不動産会社がゼッタイ教えない!
安全・カンタン・儲かる家の貸し方
http://www.ooyajuku.com/?p=4060


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!