ブログ

ハウスメーカーの中には、

アパートを建設すると、

全室借り上げてくれる会社があります。

つまり、入居者がいてもいなくても、

30年間ずっと家賃を払い続けてくれるというのです。

この仕組みは、一般に、

一括借上やサブリースとよばれています。

さて、この契約形態を勘違いする土地オーナーがいます。

どんな勘違いか?

それは、

提案しているアパート経営が失敗すると、

痛手を受けるのはハウスメーカー側。

だから、それだけアパート経営に自信があることの裏付けだ。

つまり、土地オーナーである私にはリスクがない。

・・・

そんなわけがありません。

もし、本当に、あなたにリスクがないのなら、

なぜ、ハウスメーカーは、

自らアパートを建築しないのでしょうか?

銀行も喜んでいくらでも貸し出すでしょう。

もう一つ。

なぜ、彼らは、わざわざ人件費をかけて、

テレビCMや新聞で一面広告をしてまで営業活動しているのでしょうか?

答えは、

土地オーナーにアパート経営させたほうが、

儲かるから。

つまり、土地オーナーは損をすることがあるのです。

続いて、一括借上(サブリース)の5つの落とし穴について解説します。

一括借上(サブリース)の5つの落とし穴へ


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!