ブログ

ハウスメーカーで建築して一括借上は、おすすめしていません。理由は二つ。
建設費が高すぎる。人まかせのアパート経営はうまくいかない。
それでも、目的が達成できるなら、ハウスメーカー&サブリースは最適な選択肢となります。

例えば・・・次のようなパターンです。

A.相続税対策+面倒なことはしたくない
4億円の相続税を払うくらいなら、2億円の借金でアパートを建てて節税したほうがマシ、でも、面倒なことはしたくない(できない)し、面倒なことをしないですむための対価は払ってもいい。

B.固定資産税対策+面倒なことはしたくない
毎年400万円の固定資産税を払うくらいなら、2億円の借金でアパートを建てて節税して家賃収入で納税したほうがマシ。でも、面倒なことはしたくない(できない)し、面倒なことをしないですむための対価は払ってもいい。

C.私的年金+面倒なことはしたくない
毎年40万円ほど自由に使えるお金が入ってくるなら、2億円の借金でアパートを建ててもいい。でも、面倒なことはしたくない(できない)し、面倒なことをしないですむための対価は払ってもいい。しかも、多少、収入が減っても生活に影響はない。

共通するのは、面倒なことはしたくない(できない)点です。
もう少し、意味を分解すると、次のようになります。
1.アパート経営に時間と労力をかけるよりもっと稼げる事業をしている2.アパート経営に時間と労力をかけなくてもほかに収入がある
つまり、アパート経営が失敗しても、生活に影響はない人たちなのです。こういう人なら、ハウスメーカー+一括借上のおまかせプランが最適です。

逆に、アパート経営が失敗すると生活も破綻する人は、ハウスメーカー+一括借上のおまかせプランは危険です。
なぜなら、あなたの生活を他人にゆだねてしまうのですから。
あなたにとって、ハウスメーカーは、精神的・経済的なよりどころになりますが、相手にとっては、無数にいる顧客の一人です。
そんな関係の相手に、自分の生活をゆだねることになるのです。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!