ブログ

一括借上とは、次のような経営スタイルのことでした。
一括借上・・・大家は土地・建物を所有しているだけ。賃貸経営の意思決定も実際の業務も管理会社が行う。
では、一括借上のメリットとデメリットをみてみましょう。
一括借上のメリットとは?・空室があってもなくても保証家賃を受け取れるので収入が安定する。・日常的な賃貸経営に関する意思決定をしないでいい。・実際の入居者と賃貸借契約を締結するのは管理会社なので訴訟リスクがない。
一括借上のデメリットとは?・保証家賃が、いつ減額されるかわからない。・一括借上契約を、いつ解約されるかわからない。・管理会社に依存しすぎているので、相手のいいなりにならざるを得ない。
一括借上がふさわしい大家さんはどんな人か?・資産が多すぎていちいち対応していられない。・必要な収入は十分にある。アパートの一つや二つ、収入が減っても問題ない。・資産を分散していることに意味がある。アパートの一つや二つ、収入が減っても問題ない。
一括借上してはいけない大家さんはどんな人か?・家賃収入が減ると生活が破綻してしまう人・賃貸経営の規模を拡大していきたい人・入居者との交流を重要視したい人
まとめ
生活の全てを管理会社に委ねてしまうのは危険です。なぜなら、管理会社はあなたの生活を保証はしてくれないからです。つまり、あなたが破綻しても、管理会社が破綻しないことを優先します。具体的には、保証家賃の減額されたり、一括借上契約の解除をされる可能性があります。そのときに、賃貸経営の知識がないと、どうなってしまうのでしょうか・・・?
一括借上契約は、単なる契約。法律の保証もないし、国の保証もありません。自分と家族の人生を依存してしまう人生は恐ろしいことではないでしょうか。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!