ブログ

入居者さんからの問い合わせはいろいろあります。
大きく分類すると、次の5つです。
1.契約に関すること(退去・家賃のこと・更新のことなど)2.室内の設備に関すること(エアコンが壊れた・お湯がでない・水が漏れるなど)3.建物の設備に関すること(廊下の照明がきえている・汚れている・壊れているものがあるなど)4.対人関係のこと(上の階の人がうるさい・近所の人がうるさい・近隣住民からの苦情など)5.その他
こうした問い合わせに、素人大家さんが上手に対応できるのでしょうか?
たしかに、こうした電話が24時間365日、いつかかってくるかわからないと不安になりますよね。しかし、FAQに掲載されていない問い合わせは、まず、ありません。
つまり、問い合わせ内容は、ほぼ予想ができますので、その準備をしておけばいいのです。たとえば、契約に関することは、契約書に記載があります。契約書に基づいて回答すればいいだけです。設備のトラブルは、その専門業者に対応してもらえばいいのです。対人関係。こればっかりは仕方ありません。が、方法論は確立されていますので、それに従います。(詳しくは別の機会に)その他は、ホントにくだらないことはどうにでも対処できます。例外中の例外すぎるトラブルは、賃貸経営コンサルタントに相談しましょう。適切な対応や、方法論、よりふさわしい専門機関などを紹介してくれることでしょう。
そもそも、24時間365日、電話がかかってくるかもしれないこと自体、我慢できない素人大家さんは、そうした電話対応をしてくれるサービスがあります。カンタンな応対もしてくれますので、部屋数が多かったり、極度の電話恐怖症(?)だったりするときは、サービスの利用を検討しましょう。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!