ブログ

相続税早見表によって、相続税額を計算したら、その税金を払う現金が用意できるか考えます。なぜなら、大原則として、納税は現金でしか認められないからです。
世の中の地主さん大家さんは、不動産は多く所有している一方で、現金はあまりない人が多いです。そのため、相続税の納税のために、なくなく不動産を売却したり、不動産を担保に借入をして相続税を払うことになります。
人は、いつか必ず死にます。
これは100%、まちがいのないことです。
であれば、相続税の納税のために準備はしておくことです。
その準備方法は、次の3つです。
1.生命保険に入っておく2.今あるアパート経営を健全に行い預貯金を増やす3.利用価値のない土地を、いつでも売却できる状態(駐車場など)にしておく
最悪なのは、手放したくない不動産を売却するしか選択肢がなくなってしまうことです。そうした不動産があるなら、ほんの少しでいいので、相続税のしくみを学びましょう。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!