ブログ

相続税を概算で計算するには、相続税早見表を活用することです。これで、カンタンに相続税額を試算できます。最初の問題は、納税できる現金が用意できるかどうか。次の問題は、その税額を少なくすることはできないか?
納税できる現金が用意できる・できないのどちらにしても、税金は払いたくないのが人の気持ちですよね。
ズバリ、相続税を節税する方法は、建物を買う(建てる)ことです。それも家賃の入るアパートやマンションや貸しビルなどです。
その理由は、遺産総額を計算するときに、建物は建築費の約半分の金額になるからです。
たとえば、1億円でアパートを建築したとします。そのお金は全額、借入金だとします。
すると、遺産総額を計算するときに
資産(建物)+5千万円負債(借入金)△1億円遺産総額△5千万円
となるのです。
極端なことをいえば、遺産総額が5億円あったとしても、10億円分のアパート・マンション・ビルを借金して建設すれば、遺産総額をゼロにすることができます。すると相続税も当然ゼロになります。
もっとも、それだけ借金を抱えて賃貸経営をするのはリスクがあります。ですので、一般的に、相続税対策をするときは、納税資金の準備と、相続税の節税とセットで検討します。現金が用意できる範囲まで節税すればいい、と考えるのです。
意外と相続税ってカンタンじゃん? と思っていただければ、私もうれしく思います。
ただ、最も重要な問題が抜けています。
この問題が、相続税の最大の問題です。
それは? 遺産を誰がどのように受け継ぐのか、です。

 

 


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!