ブログ

入居者さんが退去したら、部屋をきれいにする必要があります。このリフォーム工事を、原状回復工事といいます。新築して間もないうちは、単にルームクリーニングするだけで済むこともあります。10年もすれば、床や壁や水廻りの汚れがひどくなったり、設備が故障したり、故障はしていないけれど古臭いものは交換したほうが、次の入居者が早く見つかるようになります。
この原状回復工事、不動産会社に丸投げしていると、どのようになってしまうのでしょうか?
それは、割高な工事費で、ありきたりの内容で工事されて、家賃を下げないと次の入居者が見つからない部屋になります。
なぜ、割高になるのかというと、職人さんの手配や工事の仕上がりチェックで手間がかかるからです。その分、工事費が高くなります。また、インテリアデザインの知識はないので、無難な工事しかできません。壁紙の色や、床・壁・天井の配色センスなんかありません。
では、どのようにしたら、安くて入居者に住みたいと思ってもらえるセンスのいい工事ができるのでしょうか?
それは、たった二つのポイントで実現できます。
一つ目は、自分で工事を発注して仕上がり具合も自分で確認します。つまり、間接費を削減するのです。二つ目は、インテリアデザイナーに仕様書を作成してもらうことです。つまり、デザインと工事を別々にするのです。
ちなみに、デザインセンスもよく仕上がりも丁寧なリフォーム会社は存在します。しかし、工事費が高くなります。でも、不動産会社に丸投げして、高くてセンスもない工事よりはマシです。
もちろん、世の中には、適正な価格で、デザインセンスもよく、仕上がりも丁寧で、スピーディな工事をする会社もあります。こうした会社を見つけたら、懇意にしたいものですね。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!