ブログ

不動産投資は、だれにでもできるものではありません。

まったく資金もなく、まったく不動産も持っていないのなら、そもそも不動産投資の土俵に上がることができません。

では、どのくらい資金があれば、不動産投資の土俵に上がれるのでしょうか?

それは、ズバリ500万円です。

なぜなら、300万円を自己資金として物件購入に使い、残り200万を経費や予備費としたいからです。

この300万円は、現金のままで物件を買ってもいいですし、借入金でレバレッジを効かせて3000万円の物件を買ってもいいのです。

今、500万円ない、というのなら、不動産投資の勉強をしつつ、地道に資金を蓄えましょう。リスクのない範囲で別の投資をしたり、副業をはじめたりするのもいいでしょう。そのときの経験は、不動産投資にも必ず役立ちます。

不動産投資の土俵にあがるには、まずは500万円。

すべてはここからはじまります。

 


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!