ブログ

賃貸仲介会社は入居者募集のスペシャリストです。

しかし、賃貸経営のプロフェッショナルではありません。

思い違いをすると、どのような問題になるのでしょうか?

それは、家賃収入の減少です。

なぜなら、入居者募集を早く楽に行うためには、家賃を下げることだからです。

リフォームなどで物件力を上げることは、専門ノウハウが必要です。さらに、大家さんに提案・説得して、実行に移してもらわねばなりません。

そして、その効果が出るのに時間がかかります。さらに確実にうまくいく保証はありません。その結果、大家さんとの取引がなくなってしまうかもしれません。

ところが、家賃を下げることによる物件力アップは即日効果がでます。

つまり、家賃8万円にしては物件力が弱い部屋でも、7万円に下げれば物件力が高くなります。

「これで家賃8万円なの? だれが借りるんだよ?」

といった部屋も、家賃7万円になれば、

「え? これで7万円? これは掘り出し物かもしれない・・・!」

となります。まったく同じ部屋なのに、です。

このように家賃を下げて、満室経営を実現する方法は、特効薬です。

しかし、特効薬は副作用も大きいものです。

家賃を下げて満室になっても、借入金の返済金額は下がりません。固定資産税も下がりません。税金も下がりません。エアコンや給湯器が壊れなくなることもありません。

つまり、支出は変わらないのに、収入は減るのです。

ただ、ずっと空室でいるよりは、はるかにマシです。

このバランスについて、入居募集のスペシャリストである賃貸仲介会社は考慮しません。

とにかく入居者を見つけて契約して、仲介手数料や広告費を得て、あとは大家さんの問題でしょ、と放り出します。

賃貸仲介会社の役割は入居募集。入居者が入ったあとのことは、大家さん自分自身の問題です。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!