ブログ

新しい入居者が決まると、その部屋の鍵を新しく交換します。

以前の入居者から鍵を返してもらってはいますが、合鍵をそのままもっていて、万が一悪用されると、大きなトラブルになるからです。

では、この新しい鍵の交換費用は、誰が負担すべきなのでしょうか?

それは、大家さんです。

なぜなら、住まいを貸すことの中には「安全性」も含まれているからです。

確かに、安全性を高めたいのなら、入居者が自分の費用負担で対応すべきだ、との考えもあります。しかし、以前の入居者が合鍵を持っていて悪用される恐れがあることは、だれでも想像できます。このくらいの対応は、大家さん側が対応すべきでしょう。

また、国土交通省の「原状回復ガイドライン」でも、貸主(大家さん)負担と明記されています。このガイドラインは、入居者さんでも誰でも見られるようになっています。このガイドラインの内容は、大家さんなら知っておくべきことです。知らなかった、なんて恥ずかしいことです。

鍵の交換費用は、大家さんが負担すべきです。実際の実務や慣習では、入居者負担としているところもありますが、本来あるべき姿ではない、との認識はしておきましょう。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!