ブログ

更新料は、数年にわたり裁判で争ったほど、問題になりました。

しかし、最高裁が「更新料が消費者契約法に違反しない」との判決を出しました。

では、更新料は、当然請求できる権利なのでしょうか?

いいえ。

最高裁の判決は「高すぎなければ有効」なのです。

それも、高すぎるのはいくらからか? の明示はありません。

つまり、地域性もあり、ほかの契約条件にも左右されます。

また、入居者は更新料を払わなくても、借地借家法上、自動的に賃貸借契約は更新されるので、住み続けることができます。法律上、住み続けることに問題ないのです。あとは、

大家さん「賃貸借契約上、払うといって契約しているのに払わないとはなにごとだ!」

入居者さん「そうはいっても払うお金がないから払えない」

となっておしまいです。

ちなみに、不動産管理会社に管理委託していても、これ以上は法律問題となり、管理会社が対応できないことがあります。なぜなら、弁護士法となる恐れがあるからです。

以上のように、更新料は、当然請求できる権利ではない、とご認識ください。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!