ブログ

賃貸経営の相談を受けていると、借入金の話にもなります。

このとき、私が疑問に思うことがあります。

それは、

「融資の条件を把握していない人ばかり」

ということです。

  • 残債(借入金の残高)はいくらなのか?
  • 金利は何%なのか?
  • その金利は変動なのか固定なのか?
  • 団体信用生命保険に入ったかどうか?
  • 連帯保証人または連帯債務者は誰か?
  • そもそも連帯保証人と連帯債務者のちがいは何か?
  • それ以前に連帯保証人と単なる保証人はどうちがうのか?

などなど。

覚えられないのなら、すぐに資料を取り出せるようにファイリングしておけばいいのに、していない。

友だちから借りた100円ならまだしも、数千万から数億円の借金なのに。

 

もし、あなたが、今後、借金をするときは、自分で銀行に出向いて手続きをして、書類は全て目を通して、わからいことは、きちんと質問する。

この、当たり前のことを、実行してください。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!