ブログ

素人大家さんからの質問で、遠いところに持っている土地をどうしたらいいか? と聞かれることがあります。

いまは使い道はないけれど、いつか使うかもしれないから売りたくはない。けれど、固定資産税や草刈りなどのお金がかかる。ただ、その費用も、そこまで高くはないので処分する決断はできない。。。

このような遠隔地の土地はどうしたらいいのでしょうか?

私の意見は、売却です。

なぜなら、資産としてマイナスだからです。お金が出ていく一方。これは、負債です。売却して多少なりともお金になって、将来にわたる支出がなくなるのですから、一刻も早く売却すべきです。

今、ちょうど「これから資産インフレになる」と思われています。実際になるのかは別として、株が上がれば不動産も上がると、世間一般に思われています。

このチャンスを逃すことはありません。とっとと処分しましょう。

この機を逃すと、土地の値段が下がる一方です。売りたくても売れない時代に入ります。売れる時代は、もう二度とこないのです。

そうはいっても「いつか使うかもしれない」とあきらめきれないかもしれませんが、また、買えばいいじゃないですか?

売れないような時代です。あなたが買いたいといえば、喜んで売ってくれる人はいるでしょう。それも、こちらの都合のいい値段で。

売りたい人がたくさんいて、買いたい人が少数なのですから、買う方が強気に出られます。

あなたは、いつまで負債を抱えているのですか? とっとと処分して、お金を生み出す資産に変えましょう。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!