ブログ

入居者さんが、廊下やバルコニーに、

私物を置くことはよくあります。

廊下のに私物を置くのは、

一時的なら良いのですが、

当たり前のようにされると、

ほかの入居者さんへの迷惑行為となります。

一番奥の部屋だと

「ほかの人は通らないからいいじゃないか」

という入居者さんもいますが、

ルール上、そうもいきません。

また、バルコニー部分は、

「ほかの人に迷惑かけていないのだからいいじゃないか」

という入居者さんもいますが、

1階は放火のターゲットになったり、

2階以上でも緊急時の避難経路となっているケースもあり、

私物を山積みにされるのは困ります。

美観上もよろしくありません。

 

こうしたトラブルは、良くある問題。

つまり、想定内。

対処方法はカンタンです。

注意するだけです。

ただ、大家さんによっては、

入居者に注意することがストレスになる人がいます。

相手のマナー違反を正すのに、

嫌な思いをするなんて、理不尽なことです。

そこで「イエローカード」を作ることをおすすめします。

注意を促すカードを作っておいて、

事務的に、そのカードを入居者のポストに入れたり、

該当する箇所にはったりするのです。

また、想定されるトラブルなのだから、

未然に防ぐことです。

  • 契約時にしっかり説明するよう不動産会社に依頼する
  • 特に注意してほしいことのチェックリストを作成して署名してもらう
  • 掲示板に掲示しておく

などなど。

 

想定内のトラブルは、未然に防ぐことに労力を惜しまないこと。

 

これさえ実践し続ければ、管理会社に余計なお金を払うことなく、

自主管理でも楽にアパート経営はできます。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!