ブログ

不良入居者の迷惑行為問題は、

アパート経営で嫌なことの一つです。

それも、感情の問題となると、なおさらです。

具体的には、

  • 家賃滞納
  • 騒音トラブル
  • ゴミ関係
  • 敷金精算トラブル
  • 共用部分に私物を置く

などなど。

解決方法としては、粘り強く話し合うしかありません。

話し合いにならない場合は、弁護士対応となります。

いずれにしても、対症療法となります。

では、根本的に、不良入居者を撲滅する方法はあるのでしょうか?

結論を先に言います。

撲滅する方法はあります。

それは、優良入居者さんがどのような人なのかを、

具体的にイメージして賃貸経営をすることです。

 

というと、ほとんどの大家さんは、

「そんなことで不良入居者問題を解決できるわけない!」

といいます。

まあ、素人大家さんが理解するのは仕方ありません。

 

プロの大家さんは「その通りだ」といいます。

自分のアパートには、こういう人に入居してほしい。

その人に幸せになってほしい。

その想いを実現するために、

  • 内装デザイン
  • 外観デザイン
  • 設備
  • 家賃設定
  • 契約書
  • 入居ルール作り・運用
  • 募集チラシ

などを考え、実践していくのです。

すると「こういう入居者に来てほしい」願いは叶います。

 

一方で、素人大家さんは、こうした考えがありません。

だから、いろんな人が入居してきます。

いい人もいるのでしょうが、

いやな人もいるでしょう。

もし、周囲に迷惑行為を繰り返す入居者が一人でも入ると、

上下左右の入居者は退去してしまいます。

 

どんな人に入居してほしいのか?

具体的に考えてみてください。

それが不良入居撲滅の第一歩です。


大友哲哉のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックしていただけると、とても嬉しいです!